症例報告

【症例5】A.Sさん(50歳代)

今回ご紹介するのは、A.Sさん。50歳代の女性の方です。
通院期間はおおよそ6か月間になります。

Sさんの主訴は

足の指が外に出っ張るのが顕著になり、痛みが出てきたのが不安になって来院されたSさん。習慣の改善で「必ず治る」との言葉に惹かれたとのこと。

Sさんの主訴

★ 外反母趾
★ 痛み

BEFORE

歩行を変える前のSさんの足がこちらです。

左右の足に軽~中程度の外反母趾がみられます。

AFTER

6か月後の成果がこちらです。

左右とも、外反母趾の状態が相当良くなっています。もうほぼ正常と言ってもよい角度になっています。足の幅も左右足とも‐0.3㎝となりました。

歩き方を変えるのは難し「かった」とのことです。
確かに習慣を変えることは簡単なことではありません。
Sさんは、「(間違った歩き方に)絶対戻らないぞ!」という意識を常に持つことで改善に取り組まれたそうです。

その他の変化について

外反母趾の状態だけでなく、足首のむくみが取れたと喜んでおられました。

Mさんのアンケート